WebMatrix も出てから 8 か月近いのかぁ


コンセプトを聞いて実際に製品が出るまでの成長を見守ってきたこともあって、中の人的には全然 1 年以上のプロジェクトなんですけど、実際に出てからもこんなに経ってたんですね。私の感覚的なものかもしれないけど。なんせ、今年は前半にいろいろなことがありすぎましたね。日本マイクロソフトとしては新宿エリアから品川に移動したのももう去年とか一昨年のような気分です。時が経つのは早い。でも日常の生活ですら苦悩している方が大勢いらっしゃることをその「時の流れの早さ」で忘れてもいけませんね。

さて、タイトルの話に戻して近況なんかを書いてみようかなと思います。

窓の杜 さんで連載がスタートしていますね。
http://www.forest.impress.co.jp/docs/special/20110901_473168.html

それから moongift.jp さんなんかでも取り上げていただきました。http://moongift.jp/2011/09/20110917-2/

ここで登場する250円のサービス、データジャパンさんの ExpressWeb ですね。現在 WebMatrix のコンテンツとデータベースを一括で差分発行、逆に取り込みができる Web 発行(FTP じゃない方)に日本では現在唯一対応しているサービスでもあります。

http://www.epw.jp/

例えば WordPress の環境を本当にさくっと作れるほか、WebMatrix からの発行・取り込みを行うと非常に簡単に開発環境を準備できますし、継続的な案件支援にも役立つと思います。もっと本格的な自分環境が欲しい方はぜひ VirtualWeb などより自由度の高い専用環境へと幅を広げていくこともできます。

最初の Web Platform Installer の登場から見ていた人からするとどんだけーと叫びたくなるくらい変貌を遂げ、それが WebMatrix という開発環境を作ってコンテンツ発行までをサポートするなかなか面白いツールへと成長しました。上記の記事なんかを読んでぜひ一度触ってみてください。無償だけどそれなりのことができます。

ダウンロードは下記からどうぞ。
http://www.microsoft.com/japan/web/webmatrix/


この 8 か月間の間にいろいろな方に試していただく中で多種多様な要望が生まれてきました。名古屋の OSC でお話させていただいた資料にその方向性の一端を書きました。

実は 今 私はこの投稿を米国カリフォルニア州のアナハイムというところにあるホテルの一室で書いています。そう、http://www.buildwindows.com/ に書いてあるイベントに参加するためです。いろいろな新しいことがこのイベントで発表されるとネットでは書かれています。

果たしてこの辺も何かあるのだろうか。。。私も楽しみにしています。

何も無いかもしれませんが、次の WebMatrix の機能拡張は行われているのは事実で、生まれた様々なご要望がどれだけ取り込まれて成長したか、その姿をいつか見れるのは間違いないでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中